解説

今期と元期の座標を考える必要が出てきたのは、電子基準点の成果座標(元期座標)そのままでは、新点を求める平均計算の計算精度の確保が難しくなってきたためです。 イメージで説…