検証結果報告

technicalinfo

GPS L5信号 検証結果報告

平成28年5月31日 GPS L5信号のネットワーク型RTKにおける有効性検証実験

1)観測環境

弊社ビル屋上に設置したGNSSアンテナを利用してネットワーク型RTKの連続測位を実施。東西に高いビルがあり、下図のような、障害物が存在する環境。

観測状況map

2)L5配信対応GPS衛星の捕捉数

1)のカーテン情報を考慮した、L5配信対応GPSの捕捉数は、下図の状況となる。

L5配信対応GPS衛星の捕捉数

3)検証結果

①24時間連続測位結果の比較
<L5使用(GPS+GLONASS+QZSS)>
検証結果
<L5未使用(GPS+GLONASS+QZSS)>
検証結果

②L5配信対応GPS衛星を3個以上捕捉している時間帯の定点測位結果
(L5使用)

<対象データ 12.5時間分>
検証結果

③L5配信対応GPS衛星を4個以上捕捉している時間帯の定点測位結果
(L5使用)

<対象データ 4.3時間分>
検証結果

4)まとめ

  • 24時間観測の結果、L5信号を使用することで、標準偏差の値が1割以上改善されていることが確認できた。
  • L5信号対応GPS衛星の捕捉数が増えるほど、標準偏差の値が改善されていることが確認できた。
  • 今後、L5信号に対応するGPS衛星が増えることで、ネットワーク型RTK測量の品質が良くなると期待できる。

参考)L5信号を送信するGPS衛星 (2016年7月現在)

PRN番号:  01, 03, 06, 08, 09, 10, 24, 25, 26, 27, 30, 32

QZSS衛星 検証結果報告

平成26年7月30日 QZSSを利用したスタテック測量

1)観測状況

日時:平成26年7月30日 19:00~20:00

電子基準点 (0349, 0067) と仮想点V001の観測データを利用して解析し評価する。

観測状況map

2)衛星の状況

qzss1

7月30日 19:00

qzss2

7月30日 20:00

qzss3

衛星毎の仰角

3)解析結果

qzss_result

4)まとめ

高さ方向の精度向上が確認できる。